サッカーのU-15(15歳以下)日本代表候補に盛岡市のサッカークラブ、レノヴェンスオガサFC(中村司代表)のMF柏木陽良(ひいろ)(滝沢南中3年)が本県から唯一選ばれた。

 全国から選出された32人がトレーニングキャンプ(26~29日、東京都など)に参加。選抜された代表メンバーで6月末からの海外遠征を経て、アジア・サッカー連盟(AFC)U-16選手権2020予選(9月14~23日)に挑む。

 柏木は「他の選手の上手な部分を感じながらプレーし、U-15の代表に選ばれたい」と意気込む。

...    
<記事全文を読む>