サッカー・J1サガン鳥栖は、YBCルヴァン・カップ1次リーグ最終節の22日午後7時から、鳥栖市の駅前不動産スタジアムでFC東京と対戦する。鳥栖が勝利すれば、クラブとして初めての1次リーグ突破が決まる。金明輝(キン・ミョンヒ)監督も「チャンスがある以上、しっかりトライしたい。当然勝てるメンバーで臨む」と意気込む。

 B組の鳥栖は通算成績1勝2分け2敗(勝ち点5)の3位、対するFC東京は2勝1分け2敗(同7)で2位。鳥栖が1次リーグを突破しプレーオフステージに進出するには、白星を挙げて勝ち点3を得ることが絶対条件だ。

 大一番となる一戦だけに、両チームともリーグ戦の...    
<記事全文を読む>