◇明治安田J1第12節最終日(18日・味の素スタジアムほか=6試合)

 首位のFC東京は久保建の2試合連続ゴールなどで札幌を2-0で下し、勝ち点30に伸ばした。大分は清水と1-1で引き分け、同24で3位のまま。清水は最下位に後退した。

 鹿島は松本に5-0で大勝して同23。横浜Mは神戸に4-1で快勝して同21とし、神戸は7連敗。G大阪はC大阪に競り勝って8試合ぶりの勝利を挙げ、磐田は仙台を破った。

      ◇

 粘り強く体を寄せ、札幌の攻撃をはじき返した。FC東京が盤石の守備で、2-0の完封勝利。これで5戦連続の無失点となり、長谷川監...    
<記事全文を読む>