サッカーJ1湘南ベルマーレの新たな本拠地として建設を目指す「湘南スタジアム」を巡り、ベルマーレの真壁潔会長が15日夜、平塚市内で講演し、「今年12月中に(建設)候補地に1、2、3番の優先順位を付け、1番から順に交渉を行う」との見通しを示した。新スタジアムは、昨年5月に地元経済関係者らによる第三者組織が候補地4カ所(いずれも非公開)を選定。建設予定地を巡り、地域間の誘致合戦が激化しそうだ。

 講演は平塚市内の経営者らでつくる「平塚経進会」の例会で行われ、同会会員ら約120人が参加。スタジアム誘致の機運を高めるのが狙いで、真壁氏とJ2横浜FC会長の奥寺康彦氏が「サッカ...    
<記事全文を読む>