途中出場や負傷者代役 「強いチームはベンチも強い」

 札幌のMF早坂良太(33)が、12日に行われたJ1第11節松本戦で負傷のチャナティップに代わり先発し、攻守に奮闘した。DFからFWまで幅広くこなし、けが人が相次ぐチームに欠かせないベテランは「チームが勝てるように、与えられた役割を全うしたい」と頼もしい。(喜代吉健介)

 センターFW背後のシャドーストライカーを務めた松本戦。「チャナティップの代わりはできない」と自らの仕事に徹した。前線からの激しいプレスで相手の攻撃の芽を摘む一方、鈴木との細かいパス交換からゴールに迫る場面もあった。0―0の引き分けに終わったが、...    
<記事全文を読む>