岐阜県美濃加茂市で14日、日本サッカー協会のJFAこころのプロジェクトの本年度の「夢の教室」が始まった。市内すべての小中学校と同市・富加町組合立双葉中学校に、「夢先生」として現役のスポーツ選手やOB、OGの派遣を受ける。

 本年度は、同日に同市本郷町の東中学校で開かれたサッカー選手の土屋征夫さんの「夢の教室」を皮切りに3中学校、9小学校の計21クラスで11月までに全35回を開催。中学2年生と小学5年生(三和小は3~6年生)計1172人が授業を受ける。5月中の「夢先生」は、土屋さんのほか、サッカーの冨金原徹さん、小林弥生さん、スケルトンの小口貴子さん、競泳の種田恵さん、加藤和...    
<記事全文を読む>