11日のJ1リーグ第11節・G大阪で7試合ぶりの勝利を挙げたサガン鳥栖は14日、鳥栖市北部グラウンドで練習に汗を流した。同日が34歳の誕生日だったMF高橋義希は仲間たちに水をかけられるなど手荒い祝福を受け、照れた様子で「何歳になってもうれしいですね」。17日の次戦・広島戦へ向け、チームは明るい雰囲気に包まれた。

 鳥栖では誕生日の選手に水をかけて祝うのが恒例。今季は非公開練習が続いていたため、練習見学に訪れたサポーターの前では初の“祝福イベント”となった。

 午前9時半から約2時間の練習が終わり、引き揚げようとした高橋義希を仲間たちが制止...    
<記事全文を読む>