12日の広島戦でホーム3連勝を飾ったJ1仙台で、左サイドハーフのMF石原崇兆(たかよし)が無尽蔵のスタミナで力を発揮している。チーム屈指の走行距離やスプリント(ダッシュ)の回数を誇り、疲労で足が止まりやすい後半ロスタイムに3戦ともアシストを記録。9試合連続フル出場中のタフな新戦力がチームの柱を担う。

 2-1で逆転勝利を飾った広島戦では、試合終了直前にMF松下の決勝ゴールを演出。FWハモンロペスが前線でボールを奪ったのを見て、「チームのために走るしかない」と猛然と駆け上がってパスを要求。ゴール前で受け、ラストパスを出してお膳立てした。
 ユアス...    
<記事全文を読む>