J1神戸が12日の鹿島戦で2003年の延長Vゴール廃止後ではクラブワースト記録に並ぶ6連敗を喫したことを受け、試合後、サポーターがゴール裏に約1時間居残り、元日本代表MFの三浦淳寛スポーツダイレクター(SD)らが対応する一幕があった。

 サポーターから「どういうサッカーを続けていくのか」と問われ、三浦SDは「変えるつもりは全くない。ぶれずに勝ちを求めて、必死にやっていく」とバルサ化継続の方針を強調した。

 リージョ前監督について「なんで代えたのか」と問われると、三浦SDは「フアンマ(リージョ前監督)は代えていません。自分から(辞任)」と強調し、「いろんな事情があ...    
<記事全文を読む>