サッカーの明治安田J1リーグ第11節最終日の12日は7試合が行われ、ヴィッセル神戸は本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)で鹿島アントラーズと対戦し、0-1で敗れた。神戸はリーグ6連敗となり、2003年の延長Vゴール廃止後、05年に並ぶクラブワースト記録。勝ち点は10のままで、最下位鳥栖との差は「3」となった。

 神戸はまた、同じ失敗を繰り返した。「あっさり失点をし過ぎている」と三田がこぼせば、イニエスタ主将は「(連敗脱出の)答えを僕も知りたい」とため息をもらした。ついに6連敗。目標のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場どころではなく、最下位との勝ち点差が「3」...    
<記事全文を読む>