サッカーの第99回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、山形新聞社、NHKなど共催)の県代表決定戦を兼ねた第23回県サッカー総合選手権は12日、白鷹町の東陽の里公園東陽グラウンドで決勝が行われ、山形大医学部サッカー部が金井サッカークラブを3―2で下し、4年ぶり3度目の優勝を果たした。山形大医学部は本県代表として、25日に神奈川県平塚市のShonanBMWスタジアム平塚で同県代表の桐蔭横浜大と対戦する。

 山形大医学部は1点を追う前半28分にMF高橋将輝、同36分にFW●田海斗が得点したが、同39分に同点ゴールを決められて折り返した。後半23分にはゴー...    
<記事全文を読む>