王者川崎を前に、清水は最後まで無抵抗だった。今季初の3連敗で再び自動降格圏の17位に。試合後、「何かを変えなければ」とカンフル剤を求めたクラブはヨンソン監督の解任に踏み切った。
 前半は守備陣のミスから2失点し、後半は芸術的なミドルシュートとオーバーヘッドを浴びた。攻撃陣のゴール前の落ち着き、守備陣の粘り強さ…。いずれも相手が一枚上手だった。
 ヨンソン氏は常々、試合後の会見で「内容は良かった」と強調してきた。川崎戦後も「前半のパフォーマンスは良かった」と切り出した。しかし結果に表れず、サポーターの不安は募るばかりだった。
 ヨンソン体制1年...    
<記事全文を読む>