【評】大分が藤本の得点で逃げ切った。後半7分、相手守備ラインの裏を突いたパスをうまくキープし、DFをかわして左足で突き刺した。先制後はチーム全体で粘り強く守った。湘南にも好機はあったが、シュートやクロスの精度を欠いた。

大分 1-0  湘南
(前 0-0 |後  1-0)

【コーナーキック】猛攻及ばず 斉藤悔しさ

 暫定3位、ポゼッションサッカーの大分に対しても、湘南は攻撃的な走るスタイルを貫いた。シュート16本の猛攻も及ばず。U-20ワールドカップ代表の湘南・斉藤は「これが上位と中位にいる僕らの差」...    
<記事全文を読む>