サッカーの天皇杯全日本選手権予選を兼ねた県選手権大会は十二日、坂井市のテクノポート福井スタジアムで決勝戦が行われ、福井ユナイテッドFCが4-1で福井工大に快勝し、優勝を果たした。

 福井ユナイテッドFCは前半から主導権を握り続けた。12分には、蔵田岬平選手が右足のシュートをゴール左に沈めて先制。34分にも、左サイドからのクロスに木村魁人選手が合わせて追加点を挙げた。後半20分にフリーキックから失点したが、同40分には山田雄太選手のシュートで再び差を広げた。

 全日本選手権は二十五日に全国各地で開幕し、福井ユナイテッドFCは同スタジアムで、日本フットボールリーグ(...    
<記事全文を読む>