サッカーJリーグ1部(J1)第11節最終日の12日、前節5位の札幌は長野県松本市のサンプロアルウィンで同12位の松本と対戦し、0―0で引き分けに終わり、5連勝とはならなかった。通算成績は6勝1分4敗で勝ち点は19。

 札幌は後半21分、ペナルティーエリア手前で進藤が放ったシュートがGKに防がれるなど、主導権を握りながらも攻めきれなかった。

 札幌は次節、5月18日午後2時から味の素スタジアムでFC東京と対戦する。

...    
<記事全文を読む>