サッカーの第99回天皇杯JFA全日本選手権の出場権を懸けた第22回茨城県選手権(県サッカー協会主催、茨城新聞社など共催)最終日は11日、ケーズデンキスタジアム水戸で決勝が行われ、流通経大が1-0でつくばFCに競り勝ち、4年ぶり8度目の優勝で2年連続10度目の天皇杯出場を決めた。

天皇杯は5月25日に全国各地で開幕。流通経大は26日午後1時から札幌厚別公園競技場で北海道代表と1回戦を戦う。

■流通経大・MF菊地泰智(2年) 勝ちにこだわった 相手が中央を固めていたので、相手を走らせようとサイドにボールを散らした。トーナメントなので勝ちにこだわりたかった。

<記事全文を読む>