広島の攻撃はサイドが起点になりやすい。クロス数はリーグ屈指の多さを誇る。布陣の相性を考えると、仙台が数的不利になる場面は少なくなさそうだ。攻守で鍵を握るのは左サイドバックの永戸。「相手に寄せたらサイドを変えさせない守備を徹底する」と気を引き締める。
 広島の布陣は「3-4-3」。前線の3人に両ウイングバック(WB)を加えた5人が攻撃を仕掛けるため、4バックの仙台は数的不利になりかねない。永戸は「相手が5人張り出した時に必ず逆サイドを空ける形になる。慌てずにスライドで対応したい」と話す。
 注意したいのは、昨季まで仙台に在籍したシャドーストライカーの野津田。豊富な運動...    
<記事全文を読む>