日本サッカー協会は10日、フランスで6月7日(日本時間8日)に開幕する女子ワールドカップ(W杯)の日本代表を発表し、AC長野パルセイロ・レディースのFW横山久美(25)が初選出された。県内クラブからのW杯代表入りは男女を通じて初。11日に試合がある神戸市で記者会見した横山は「やっとスタートラインに立てた。覚悟と責任を持って挑みたい」と話した。

 東京都出身の横山は、2014年にAC長野に入団。15年は国内2部リーグで2年連続の得点王に輝き、チームのなでしこリーグ1部昇格の原動力となった。17年7月から1年間、ドイツ1部のフランクフルトでプレーし、18年7月にAC長...    
<記事全文を読む>