サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディース(仙台)のユース(18歳以下)チームが4月から活動をスタートさせた。トップリーグのチームでの設立は東北初。既存のジュニアユース(15歳以下)との一貫した指導体制を確立し、東北の女子サッカーの強化を図る。
 1期生はジュニアユースから昇格した8人と、青森、山形、栃木から加入した6人の計14人で、全員が高校1年生。クラブが連携協定を結ぶ仙台白百合学園(仙台市泉区)の人工芝グラウンドを拠点に週6日の練習などで技術を磨く。
 東北女子リーグ(南東北リーグ)にも参戦。4月13日の初戦は上の世代となる仙台大に3-3で引...    
<記事全文を読む>