日本サッカー協会は7日、ポーランドで23日に開幕するU-20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)に臨む日本代表に、J1神戸の郷家、小林や西川(神奈川・桐光学園高)ら21人を選出した。6月に始まる南米選手権にフル代表で招集の可能性がある17歳の久保建(FC東京)は外れた。影山監督は「最高の成績を、自分たちの全てを出せるよう準備したい」と意気込んだ。

 青森山田高出身で2年目のMF郷家は1年目から出番を勝ち取り、ここまでJ1通算24試合に出場。クラブを通じて「神戸と日本を背負って戦ってきたい」とコメントした。神戸市西区出身のDF小林は神戸U-12(12歳以下)から在籍し、今季ト...    
<記事全文を読む>