サッカー・J1サガン鳥栖は7日、金キン明ミョン輝ヒコーチ(38)の新監督就任を正式発表した。昨季に続いて降格圏のチームの再生を任された金監督は会見に臨み「当面の目標はJ1残留。ただ、まだ多くの試合が残っており、タイトルを取れる可能性もなくはない。一つでも上の順位を狙う」と決意を述べた。

 チームは開幕10試合で1勝1分け8敗の最下位(18位)と苦しんでおり、クラブは5日、ルイス・カレーラス監督(46)の退任を発表していた。

 低迷の要因を問われた金監督は「得点力不足。ゴールを奪うための道筋を選手たちと一緒に共有する。相手に合わせるのではなく、常に自分たち主導でサ...    
<記事全文を読む>