J1最下位に低迷するサガン鳥栖が5日、同日付でルイス・カレーラス監督(46)の退任を発表した。金明輝コーチ(37)が7日付で監督に就任する。カレーラス監督は、4日に行われた九州ダービーの大分戦から既にチームから離れ、金コーチが指揮を執っていた。鳥栖がシーズン中に監督を交代するのは2年連続で、金新監督の下、J1残留と上位浮上に加え、中長期的なチーム強化に挑むことになる。

■竹原社長「任命責任感じる」

 最下位を抜け出せないサガン鳥栖が起死回生の一手を打った。カレーラス監督を5日付で事実上解任。大分戦で代理として指揮を執った金コーチが、ゴールデンウイーク明けの7日、...    
<記事全文を読む>