サガン鳥栖の選手会は、ホームゲームで白星を挙げるたびに「勝ち点米」を県内福祉施設に贈る取り組みを今年も実施する。選手が施設を直接訪問し、勝利の「勝ち点3」にちなんだ「さがびより」30キロを届け、施設利用者と交流を深める。

 勝ち点米の贈呈は、サガン鳥栖がJ1に昇格した2012年から続けており、今年で8年目。JAさがや佐賀米マーケティング協議会の協力を得ている。昨季はホーム戦での勝利数と同じ8施設にさがびよりを届けた。

 4月14日の川崎フロンターレ戦前に実施したセレモニーでは、JAさががサガン・ドリームスに「さがびより」を贈呈。サガン・ドリームスはJAさがに、選...    
<記事全文を読む>