明治安田生命J2第12節(3日)ツエーゲン金沢は金沢市の石川県陸上競技場でアビスパ福岡と対戦し、1-1で引き分けた。前半21分にFW杉浦恭平がJリーグの令和初ゴールとなる先制点を決めた。順位は前節の6位から暫定5位に上がった。

 令和元年の初めてのJリーグ公式戦開催日となった3日は、J1で4試合、J2は金沢-福岡の1試合が行われた。ファンの関心は勝敗に加え、誰が令和第1号ゴールを奪うかに注がれていた。

 待望の瞬間は金沢の地で生まれた。MF藤村慶太のコーナーキックに杉浦が頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。スタンドには「令和」と書かれた布を広げて祝福するファンの...    
<記事全文を読む>