サッカー明治安田J3第8節は4、5日、各地で9試合を行う。17位(勝ち点6)のAC長野パルセイロは4日、長野Uスタジアムで14位(同8)の相模原と対戦。1勝3分け3敗と苦しむAC長野はホーム戦初白星をつかみ、浮上のきっかけにしたい。
 前節は首位に浮上した藤枝に、球際の競り合いやこぼれ球の回収などで主導権を握られて完敗。入間川や国領ら3人が初先発したものの、起爆剤にはなり得なかった。今節は中盤を中心に複数の入れ替えがある見通しで、7試合で計5得点にとどまる攻撃を活性化させられるか。
 相模原は2016年にAC長野を率いた三浦監督が今季就任。前線には昨季リーグ2位の1...    
<記事全文を読む>