勝ち点17で5位の浦和は3日、同6の17位磐田とホームで対戦する(14時・埼玉)。試合を翌日に控えたチームは2日、さいたま市内で非公開練習を行った。

 練習後に会見したオリベイラ監督は清水戦から中4日で迎える磐田戦に向けて「繰り返し行っている練習を短縮し、より当てはまる部分を強調して行った」と準備段階での手応えを強調。磐田の印象について「まとまりつつあるチーム。まだ結果は残せていないが、パフォーマンスはある程度高いものを見せている」と警戒した。

 指揮官は「(興梠)慎三が平成最後のゴールを決めたことはとてもうれしかった。最終的に勝ち点3を手にすることができれば幸...    
<記事全文を読む>