今季日テレから加入した隅田が5月の反転攻勢への一翼を担う。初先発となった浦和戦は、押し込まれた展開となったが中盤で存在感を発揮。伊賀戦では3戦ぶりの白星へ貢献を誓う。
 敗れた浦和戦では、少ない好機で巧みな長短のパスを周囲に供給し、見せ場をつくった。自ら放ったミドルシュートがゴールバーを直撃する惜しい場面もあった。「一つの動きで相手の逆を取るプレーなど自分の色を出したい」と次を見据える。
 技術には自信がある。中学1年から日テレの下部組織に入り、リーグ4連覇中の強豪で11年間もまれた。2017、18年には日本女子代表「なでしこジャパン」に選出。さらなる成長を考え、「...    
<記事全文を読む>