東北楽天が勝負強さを発揮し首位争いを演じている。何度も逆境をはね返すことから、ファンの間では「逆転イーグルス」と呼ばれ始めている。好成績の要因をデータで分析すると、今季加入した主砲浅村の貢献度の高さが見えてきた。
 チームの逆転勝利はリーグトップの17試合=表=。全試合の34%に当たり、クライマックスシリーズに出場した2017年終了時の19%を大きく上回る。
 試合後半の打線の強さが数字に表れている。一~五回のチーム打率は2割4分2厘とリーグ5位ながら、六~九回は2割7分6厘で1位(29日現在)。わずか4イニングで110打点をたたき出す=表=。
 昨季まで...    
<記事全文を読む>