◆楽天7-2西武(28日・盛岡)

 無残に打ち砕かれた白球が左中間芝生席に飛び込んだ。今井はがっくりと両手を膝についた。6回まで無安打の快投が暗転。ブラッシュに逆転3ランを浴びた。直球が内角高めに入った。「森さんも一発注意の合図をしてくれていた。外角に投げきることができなかった」と唇をかみしめた。

 大記録の予感も漂い始めた7回だった。先頭の浅村にこの試合初安打となる中前打を許した。「あまり気にはしなかった」。影響を否定したが、ウィーラーにも左翼線二塁打でつながれた。そして、悪夢の一発。さらに死球と二塁打であっという間にKOを食らった。

 5日にプロ...    
<記事全文を読む>