プロ野球パ・リーグ公式戦「楽天-西武」(楽天野球団、岩手日報社、IBC岩手放送主催)は28日、盛岡市の県営球場で行われ、楽天が7-2で逆転勝ちし、首位に浮上した。普代村出身の銀次(盛岡中央高)は「5番・一塁手」で先発。無安打だったが、大きな声援を浴びた。西武の山川穂高、外崎修汰(ともに富士大)は中軸でフル出場し、山川は21号ソロを含む2安打と気を吐いた。

...    
<記事全文を読む>