3回戦が27日、関東学院大ギオンパークで行われ、神奈川工大(1部6位)が3-0で松蔭大(2部1位)を破って2勝1敗とし、来季の1部残留を決めた。

 工大は三回に早坂秀太(2年)の適時二塁打などで2点を先制。1年生右腕の工藤佑太が丁寧に凡打を誘い、被安打5で完封勝利を果たした。

「制球磨かないと…」

 5季ぶりの1部昇格を逃した松蔭大。先発して3回2失点だった1年牧内は「自分のせい。制球を磨かないと勝てないことを痛感した」と涙ぐんだ。

...    
<記事全文を読む>