横浜DeNAベイスターズを昨季限りで戦力外となり、現役を引退してクリケットのプロ選手を目指す山本武白志(21)が27日、東京都内で記者会見を開いた。第2のアスリート人生を歩み出した山本は、「野球は終わったこと。クリケットを学んで、一生懸命やっていこうと思っている」と決意を語った。

 5月上旬に栃木県佐野市へ引っ越し、アマチュアの「佐野クリケットクラブ」で本格的に活動を始めている。

 日本クリケット協会によると、プロ野球経験者のクリケット挑戦は、横浜や西武などで活躍した木村昇吾以来、2人目となる。

 21歳の決断に迷いはなかった。育...    
<記事全文を読む>