東北楽天が逆転勝ちで、今季初の3カード連続勝ち越しを決めた。打線は0-1の二回2死満塁から、堀内の2点中前打で逆転した。五回2死一、二塁からは銀次の中前適時打、七回には今江の左越え1号ソロでそれぞれ1点を加えた。
 先発石橋は緩急をつけた投球で5回1失点。後続の森原、青山、ブセニッツ、松井が無失点でしのぎ、石橋に3勝目をもたらした。
 オリックスは打線が三回以降、散発2安打。先発K-鈴木が2敗目を喫した。

 東北楽天-オリックス12回戦(オリックス6勝5敗1分け、13時01分、楽天生命パーク宮城、27,717人) 
オリックス0100...    
<記事全文を読む>