ベイスターズが日本一に輝いた1998年を語る上で欠かせないのは、右のエースとしてチームトップの13勝を挙げた斎藤隆(49)だ。横浜大洋最後の92年に入団し、98年には野村弘樹、三浦大輔ら強力投手陣をけん引して日本シリーズでも2勝。2015年の現役引退まで日米7球団を渡り歩いたが、プロ生活の半分以上を過ごしたベイスターズへの思い入れはやはり強い。

 入団7年目の1998年。マシンガン打線に加え、投手陣も充実し、チームは38年ぶりの日本一へ駆け上がった。

 斎藤 本当にいい選手が集まっていた。駒田(徳広)さんが巨人から移籍してきたり、スカウトの方がローズを...    
<記事全文を読む>