ルートインBCリーグは22日、しんきん諏訪湖スタジアムなどで2試合を行い、信濃グランセローズは同じ西地区の石川に6―12で逆転負けした。連勝は3で止まり、前期通算11勝10敗で順位は2位から3位に後退。首位の富山とのゲーム差は1となった。

 信濃は一回、佐野の適時打で幸先良く先制。しかし二回に追い付かれると、四回は暴投などの2失点で勝ち越された。信濃は直後に武蔵の本塁打で1点を返したが、五回に3ランを浴びて突き放された。八回には6失点した。

 信濃は25日、松本市野球場で同地区4位の福井と対戦する。

 

...    
<記事全文を読む>