21、22の両日、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇でプロ野球公式戦を行った西武の山川穂高が22日の試合前に琉球新報の取材に答えた。日頃から沖縄県出身を意識し、し烈なプロの世界で戦う山川。「沖縄の人でもいけますよ、沖縄の人も頑張りましょうという気持ちを発信していきたい」と熱い思いを持ち、球界を代表する長距離砲へ成長し続ける。

 21日、七回に左中間へ20号となる3ランを放った。セ・パを通して20号一番乗りで、県内プロ公式戦で県内選手最初の凱旋弾となった。現在、本塁打ランキングで独走中。「最高でした。今までで一番の本塁打でした」と一夜明けたその喜びをか...    
<記事全文を読む>