第48回日本男子ソフトボールリーグ第2節第3日は19日、福岡県北九州市ひびきコスモス運動場で7試合が行われた。ダイワアクト(佐賀市)は埼玉県庁クラブとNeo長崎を破って開幕8連勝とし、単独首位に立った。ダイワアクトのアルゼンチン代表、ウエムル・マタ=写真=はNeo長崎戦で自身初の無安打無得点を達成した。

 ダイワアクトは埼玉県庁クラブ戦で、三回までに11得点と大量リードを奪った。終盤に追い上げを受けたものの、最後はアンドリュー・カークパトリックが締めてリードを守り切り、11-7で勝利を飾った。

 Neo長崎戦では、マタが16奪三振と圧巻の投球。3四球を与えたもの...    
<記事全文を読む>