第90回都市対抗野球1次予選県大会は最終日の20日、仙台市宮城野区の仙台市民球場で第1、第2代表決定戦(決勝)と第3代表決定戦があり、決勝はJR東日本東北が日本製紙石巻を2-1で下し、2年連続25度目の優勝を飾った。
 JR東日本東北は八回、菅野の右前適時打と小山のスクイズで2点を先取。直後に1点返されたが、2番手投手の山田が踏ん張り逃げ切った。第3代表決定戦は七十七銀行が8-0で東北マークスにコールド勝ちした。
 3チームは、31日から弘前市運動公園野球場などで行われる2次予選東北大会に出場する。

◎8回先制逃げ切る

 ...    
<記事全文を読む>