愛知県の岡崎市民球場で開かれている第九十回都市対抗野球大会東海地区二次予選二日目の二十日、西濃運輸(大垣市)が第一代表決定トーナメントの初戦を迎え、ジェイプロジェクト(名古屋市)に0-1で敗れた。

 西濃運輸は好機を生かせない展開が続き、相手チームを上回る7安打を放ちながらも無得点。四回には2死三塁から連続四球で満塁としたが、あと一本が出なかった。堀田晃投手は七回まで無失点と好投したが、八回に安打で出塁を許すと、犠打と内野ゴロで進められ、適時打を浴びて決勝点を与えた。

 阪本一成監督は「球をしっかり捉えられるかどうかの差が出た。エースに勝たせてやりたかった」と悔...    
<記事全文を読む>