野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は18日、宇都宮市の清原球場で武蔵と対戦、3-0で快勝した。連敗を2で止め、通算成績は13勝8敗。

 栃木GBは二回、1死からルーカス、飯原誉士(いいはらやすし)、原田元気(はらだげんき)の3連打で1点を先制。五回は安打と連続四球で1死満塁とし、ルーカスが2点適時左前打を放って追加点を挙げた。守っては若松駿太(わかまつしゅんた)が8回をわずか2安打に抑える快投。最終回に米大リーグのドジャースとマイナー契約で合意した北方悠誠(きたがたゆうじょう)が登板し、1回を無失点に抑えた。

 次戦は19日午...    
<記事全文を読む>