日本ハムの清宮幸太郎内野手(19)は18日、イースタン・リーグDeNA戦(大和)に「3番・DH」で5試合連続の先発出場。第1打席で2試合ぶりの安打となる左前打を放つと、第3打席には遊撃内野安打でこちらも2試合ぶりのマルチ安打をマーク。4打数2安打の活躍を見せた。また、ファウルにはなったものの本塁打性の大飛球も飛び出し、復帰後初本塁打への期待も高まってきた。

 ついに待望の一発か―。大きな期待を乗せた清宮の大飛球は、わずかに右翼ポール右に切れていった。「(感触は)良かったですよ。紙一重というところも多い」。そう振り返ったのは五回の第3打席、DeNA先発・井納の初球を振り抜いた...    
<記事全文を読む>