ベンチに引き揚げ、がっくりとうなだれた。東北楽天の先発美馬は六回まで2失点と粘投しながらも、七回に鈴木に満塁弾を浴び力尽きた。平石監督は「勝負どころだった。途中から良くなっただけに残念」と嘆いた。
 七回2死から連打と四球で満塁の危機を招いた。鈴木への2ボールからの3球目、高めに入ったシュートを右中間スタンドに運ばれた。美馬は「ストライクを取りにいってしまったのかもしれない」と残念がった。
 さらに「もったいなかった」と悔やむのは、二回にレアードに許した左越えソロだ。2ボール2ストライクからのフォークボールを痛打された。一回には清田の二ゴロで0-1に。先制点を奪われ...    
<記事全文を読む>