再出発のときが来た。右手有鈎骨骨折からの復活を目指す日本ハム・清宮幸太郎内野手(19)がきょう14日、イースタン・リーグ、ロッテ戦(鎌ケ谷)で約2カ月半ぶりに実戦復帰する。DHで先発し、2打席に立つ予定。3月3日にDeNAとのオープン戦(札幌ドーム)で負傷し、同5日に手術。以降は千葉・鎌ケ谷の2軍施設でリハビリを続け、今月3日に屋外フリー打撃を再開していた。令和の主役を目指す大砲の、逆襲がいよいよ始まる。

 「楽しみです」。実戦に復帰する心境を問われ、明るい表情でシンプルに答えた。ついに清宮が、今季公式戦初打席に立つ。12日の試合後、栗山監督がきょう14日の2軍戦出場を明言...    
<記事全文を読む>