◆日本ハム3‐6西武(12日・札幌ドーム)

 西武の山川穂高内野手(27)が3回、左翼席最上段へ特大の今季14号、通算100号2ランを放った。プロ野球291人目。出場321試合目での達成は、球団OBの秋山幸二氏(西日本スポーツ評論家)の351試合を上回る日本人最速だ。本塁打を量産する脅威のスラッガーの思考回路は…。担当記者がメモ帳からひもとく。

《メモ帳から》

 山川は自身がエゴイストであることを否定しない。「あくまでプロ野球選手なので。『自分さえ良ければいいのか』と言われても順番がある。その順番は絶対に間違えない。自分があり、自分の成績...    
<記事全文を読む>