◇中日5-2阪神

 中日は2-2の二回に大島の三塁打で勝ち越し、五回は阿部が2点二塁打を放った。プロ初先発の清水は味方の好守に支えられ、5回2失点で初勝利。鈴木博が11セーブ目。阪神は才木が5失点を喫し、二回以降は逸機続きだった。

 ◇ 

 黄一色の左翼席に陣取ったわずかな中日ファンへ向け、ナインが頭を下げる。最前列で清水が、誇らしげに両手を振った。プロ初先発で初勝利を挙げ「先発と言われた時から緊張しっぱなしだったけど、自信を持って腕を振った」。プロ2年目の右腕が、6カードぶりの勝ち越しへ導く大きな白星をたぐり寄...    
<記事全文を読む>