悪夢は突然襲った。
 東北楽天は0-1の八回、浅村の適時二塁打などで3点を奪い逆転。試合の流れは東北楽天へ傾いていたはずだった。だが、直後に5番手ハーマンが5失点の大乱調。必勝パターンを崩され、チームには疲労感だけが残った。
 この日のハーマンは腕が振れず、直球の球威、変化球の切れが本調子ではなく、オリックス打線の餌食となってしまった。
 先頭の中川に左中間への二塁打を打たれ、四球と犠打で1死二、三塁と一気にピンチを広げてしまう。吉田正を申告敬遠して白崎との勝負を選んだが、カーブをたたかれ、バウンドした打球は三遊間を抜けて同点の2点打となった。
...    
<記事全文を読む>