派手な一発攻勢がスタンドを沸かせた。仙台六大学野球春季リーグ第4節の5日、東北大は仙台大との2回戦で満塁弾を含む2本塁打を放って8点を奪った。投手陣が崩れて金星はならなかったが、昨年から取り組んできた打撃改革が実を結びつつある。
 2発とも逆方向へのアーチというところが成長を示している。一回は1死満塁から5番村井駿亮が大関友久の速球を捉え、七回は代打桜井優宏が小林快から3ラン。2人とも最速140キロ超の左腕。右打者が高めの直球を逆らわず右翼席に運び、速球に力負けしないところを見せた。
 全国から有力選手が集まる私学相手に力勝負では分が悪い。従来はつなぐ野球に主眼を置...    
<記事全文を読む>