東北楽天は6日までの直近10試合で2勝8敗と苦戦している。4月は最大七つの貯金をつくり一時は単独首位としたが、現在は勝率5割の2位タイ。打線は好調を維持しているものの、則本昂、岸のダブルエースを欠く中で奮闘してきた救援陣が調子を落としている。
 パ・リーグの救援陣の登板数は表の通り。東北楽天は最多の123で、先発投手を含め細かい継投戦略を採る日本ハムより多い。救援陣の1試合平均投球回4.13、平均投球数70.81もトップだ。
 東北楽天の救援陣の登板過多の背景には、総力戦を強いられる2点差以内の接戦が多いこともある。5月のチーム防御率4.18は、4月に比べて0.14...    
<記事全文を読む>