プロ野球東北楽天は6日、埼玉県所沢市のメットライフドームで西武との7回戦を行い、8-4で勝って連敗を4で止めた。
 打線は0-1の三回、辰己のプロ初本塁打となる中越えソロで同点。四回に西武先発本田(東北学院大出)の暴投で勝ち越し、六回に2死満塁から茂木の内野安打で1点を追加した。七回にはウィーラーの右前適時打、ブラッシュの中越え3ランなど打者一巡の猛攻で5点を奪い、突き放した。
 先発福井は5回1失点の好投で3勝目。8-1の八回に4番手西宮が3点を失ったが、続く宋家豪、松井が無失点で切り抜けた。
 平石監督は「打線が粘り強かった。負け続けていた中でよくやっ...    
<記事全文を読む>