◆西武4-8楽天(6日・メットライフドーム)

 西武が3連勝を逃し、再び貯金0となった。

 先発の本田は6回途中3失点と踏ん張ったが、辻監督の嘆きは2点を追う7回に1死も取れずに5点を許した十亀の投球に向いた。「いいときはもっと切れやスピードがあるけどね」と首をかしげた。

 自慢の打線も外崎が打率1割9分8厘と不振に苦しむ。この日は2017年7月9日以来の9番に入ったが快音はなく13打席連続で無安打。「アップルパンチ」の本塁打はゴールデンウイーク初日に放ったのを最後に8試合出ていない。開幕から1番で起用されている金子佑も打率2割1分5厘、4日にサヨナ...    
<記事全文を読む>